頑張れ基金に、ご寄付を頂きました

 前会長の山口幹夫氏(高12回)より4月7日付で頑張れ基金にご寄付を頂きました。

「学生たちの海外研修などの基金にでもお役に立てれば幸いと思っています」との事です。母校後輩たちのために大事に使わせていただきます。

 深く感謝申し上げるとともに、武陵会会員の皆様にご報告いたします。

東京支部より全国大会出場慰労金が贈呈されました

全国高等学校総合文化祭(全国総文祭)・NHK杯全国放送コンテストが関東圏にて開催されました。これに出場を果たした母校生徒(団体・個人)に対して東京支部より慰労金が支給されました。

東京支部より送付頂いた慰労金と各個人にあてた慰労文は、8月19日に母校校長室にて徳永武陵会会長より北村校長先生にお渡しし、該当の部・個人に配布をお願いしました。北村校長先生からはお礼と、東京支部の皆さんにもくれぐれもよろしくお伝えくださいとの言葉を頂きましたので、ご報告致します。

六十年前の「武高同窓会新聞NO,1」

高25回 田中(石井)友子

 今年の5月の連休もコロナ感染予防のため外出自粛。
 そこで、わが家の手つかずの納戸を整理していましたら、武雄高校の日焼けした古い定形外の封筒を発見。中には、「武高同窓会新聞NO,1 36.2.17発行」が10枚ほどと「36.5.12発行」の旧高女校舎の西校舎移転問題に関する号外が入っていました。
 編集責任者は亡くなった父 石井義彦だったのです。当時の西校舎移転問題に苦労があったことや、先輩方のエッセイ、また、下段の広告を懐かしく見ました。

 この新聞、下記の 武高同窓会新聞創刊号 をクリックして、どうぞご覧ください。

武高同窓会新聞創刊号

頑張れ基金贈呈式を行いました

去る7月20日、母校校長室にて令和4年度の全国高等学校総合体育大会(全国総体)及び全国高等学校総合文化祭(全国総文祭)への出場者に、武陵会頑張れ基金よりお祝い激励金を贈呈しました。

母校出場内容は下記の通りです。

【2022全国総体(インターハイ)】

  • 陸上部(個人)     2名
  • 弓道部(団体)           
  • 少林寺拳法部(団体)         
  • 水泳部(個人)     1名
  • 相撲100kg超級(個人) 1名 

 【2022全国総文祭】

  • 書道部(個人)     1名
  • 美術部(個人)     1名
  • 吹奏楽部(個人)    1名 
  • 囲碁将棋同好会(個人) 3名

 【NHK杯全国放送コンテスト】

  •  放送部(団体)創作ラジオドラマ部門 

総体連は7月23日~8月5日。総文祭は7月31日~8月4日。NHK杯全国放送コンテストは7月26日~28日の日程で開催されます。各競技の詳細等については下記に大会ホームページのアドレスを掲載しますので、お近くでご興味のあるお方は応援をお願いします。

事務局対応時間変更のお知らせ

武陵会事務局の対応時間が令和4年5月1日より

10:00~15:00に変更になります。この時間以外は留守番電話対応となります。

メール・ファックスはこれまで通りですので、事務局対応時間外にはこちらをご利用ください。会員の皆様のご協力をよろしくお願いします。

武雄高等学校同窓会 武陵会事務局

 TEL(FAX):0954-23-3712

 mail:buryokai@cableone.ne.jp