令和4年常任幹事会が開催されました

  令和4年常任幹事会が4月21日に開催されました。コロナ禍のために、3年ぶりの開催となりましたが、密を避け感染予防対策を講じるために、今回は武雄市文化会館ミーティングホールを会場としました。

会長挨拶、北村校長先生の挨拶の後、議事に入りました。

 第1号議案として、総会担当副会長の原田氏より本年の武陵会総会及び懇親会の中止についての提案と説明があり承認されました。総会が中止された事により、今常任幹事会の決議が総会決議の代行をする事も承認されました。

 次に第2号議案として、役員の交代の件について室原事務局長より山口会長の体調不良による退任の説明があり、正副会長会より新会長として徳永壯太郎氏(高20回)が推薦され、承認されました。それに伴い、山口幹夫氏(高12回)の顧問就任。室原憲一氏(高32回)が副会長・事務局長兼任とすることを正副会長会より推薦し、了承されました。

 第3号議案として、事業報告及び決算報告が行われ、谷口監事より会計監査報告をして頂き、了承を得ました。

 第4号議案として事業予定及び予算案の説明ご行われ、了承を得ました。

 議事の内容について詳しいことは、常任幹事会資料を添付します。

令和4年 武陵会常任幹事会資料PDF(←クリックで資料が表示されます)